猫アレルギーってどんなものですか?について

猫アレルギーってどんなものですか?
猫って柔らかい毛におおわれていて可愛い顔をしていて、本当に抱きしめたくなってしまいますよね。でも、以前猫を撫でたりした時に、くしゃみとか出ませんでしたか?もしそうだったなら、猫アレルギーかもしれません。猫を飼う計画を持っているのでしたら、自分が猫アレルギーか、そうでないのか検査をしたほうがいいかもしれません。もしかなり重度のアレルギーがある場合は、猫を飼うことをあきらめる必要があるでしょう。

猫アレルギーの人が反応してしまう、猫のアレルゲンは主に猫のふけ、皮脂、唾液、涙、肛門腺から分泌されるたんぱく質です。猫アレルギーの人の約90パーセントがこれに反応します。猫の唾液に直接触れなくても、猫はしょっちゅう自分の体をなめていますから、猫の背中などを撫でただけでも、アレルギーの人は反応してしまいます。

猫アレルギーの症状は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、喉が痛くなる等があり、重度の場合は、皮膚のかゆみ、呼吸困難になる事もあります。猫と同じ部屋にいるだけでそういう症状が出たり、または、抱っこしたり、なでたりするとくしゃみや鼻水が出たり、猫の毛に触れた所が、赤くなってしまうようでしたら、猫アレルギーかもしれしれません。

それ程重度でない猫アレルギーの人が、どうしても猫が飼いたい場合は、猫を抱っこしない、顔を近づけない、部屋にこまめに掃除機をかける等、結構大変です。猫を飼っているのに、抱っこも出来ないなんてちょっと悲しいかもしれませんね。重度のアレルギーの人の場合は、呼吸困難とかにもなりますから、猫を飼うのはやめるべきでしょう。


In category: 未分類