ニキビになりやすい食べ物って?について

ニキビになりやすい食べ物って?
ニキビに悩まされている人の大部分は、食生活にも原因があるかもしれません。
多分、日常的によく食べるものが共通しているはずです。
どのような食べ物がニキビを出来やすくしてしまうのでしょうか。

●脂っこいもの・・毎日必ず肉類を食べないと気が済まないという人っていますよね。
ランチを食べるにしても豚肉の生姜焼き定食やとんかつ、ハンバーグ等を食べたりしています。
ファストフードでハンバーガーを選んでも、ハンバーグがかなり多めの種類を頼んだりしているかもしれません。
そういう肉類の好きな人はニキビが出来やすいでしょう。
また、野菜を摂るにしても油で揚げる天ぷらやオリーブ油をたっぷり使うバーニャカウダ等、油分が沢山含まれているので、野菜だとしてもニキビの原因になる可能性があります。

●甘いもの・・毎日必ず甘いものを食べたくなる人も、ニキビが出来やすくなります。
糖分が肌に悪いのです。
チョコレートがニキビの原因と言われていましたが、チョコレートのカカオ自体が悪いのではなく、たっぷり入った糖分が、ニキビを誘引するのです。
ですから、板状のチョコレートをいっぺんにペロリと食べてしまうようなことは禁物です。
がまんして、せいぜい2かけくらいにしておきましょう。
もしどうしても甘いものが欲しい場合は、ケーキよりは和菓子の方がいいかもしれません。
和菓子にはケーキのように油分が含まれていませんし、カロリーも低めです。
あんこの原料の小豆は体にも良いので、和菓子がおすすめです。

●ダイエットをしている・・かなりのダイエットをしている方も、ニキビが出来やすくなるかもしれません。
殆ど栄養分が摂れていないと、ホルモンバランスが崩れますし、ストレスにもなります。
そうすると新陳代謝がうまく行われなくなるので、肌荒れの原因になってしまうのです。

●食事の時間が決まってない・・不規則な食事をしている人もニキビが出来やすくなります。
朝食を摂ったり、摂らなかったりとか、お昼はジャンクフードだったり、夜遅くにカロリー多めの夕食を摂ったり等、そんな食生活が毎日続いているなら、肌を荒らします。
出来るなら3食きちっと食べる事、夜遅くの夕食なら、軽いものにしておきましょう。
野菜、大豆製品(納豆、味噌汁、豆腐等)、魚を中心とした食事を摂るように気を付けていれば、ニキビ対策にもなりますよ。


In category: 未分類