夜会巻きの作り方

結婚式、パーティーなどの華やかな場に似合う髪型と言えば「夜会巻き」が定番です。
着物にもドレスにも似合う、華やかな印象と上品さを出すことができる髪型です。
夜会巻きはとても便利な髪型です。
美容院へ行ってセットしてもらえば簡単ですが、自分でも夜会巻きをすることができます。
コツをつかめば自分でセットしても、5分程度でできてしまうそうです。
夜会巻きの作り方を紹介します。
肩くらいまでの髪の長さがある人は自分でできるため、ぜひ挑戦してみてください。
着物を着てからセットすると着崩れてしまうため、先に髪型をセットしてから着物を着るようにします。

最初に、髪全体を少し濡らして湿らせた状態にします。
少し濡れた状態の方が髪をまとめやすくなるからです。

髪を巻き上げます。
このときポイントになるのが、最初から上に向かい巻き上げるようにすることです。
やってしまいがちな失敗として、最初下に向かって巻いていき、それを最後に持ち上げようとするとうまく固定されずに崩れてしまうのです。
最初から上に向かい髪を巻き上げていき、一巻ずつ引っ張り上げるようにして巻いていきます。
巻き上げたら巻き上げたすぐ横の溝部分に髪の余ったしっぽ部分を収納して、夜会巻き用の大きなUピンで固定してください。
ロングヘアで毛先の余った部分が長いときには、半分に折って収納します。
とめるときは、表面の毛を少しだけすくって一緒にさすようにします。
表面の毛をたくさんすくいすぎてしまうと、痛いですし、きれいに仕上がらないのでうっすらと少な目にすくうようにします。
Uピンを裏返しにし、反っている部分を使って巻き上げた髪の表面を少しすくって、ピンをくるりと裏返し、溝の中へ差し込むのです。
しっかりと固定することができます。

着物に合う髪型ロング

ロングになると髪の毛の長さもかなりあるので、アレンジの幅も広がり、自分でも髪型をセットしやすくなると思います。
着物に合う髪型はロングヘアだと思います。
ただアップするだけではなく、三つ編みを加えたり、ねじりを加えたり、編み込みをしたり様々なアレンジができるからです。
髪にボリュームもあるため、アップしたときにも華やかで、ゴージャスな雰囲気に仕上げることができます。

例えば、前髪部分を三つ編みにします。
サイドはひねりながら後ろへ持っていき、まとめて低めの位置でシニヨンにします。
自分の着物に合わせてヘアアクセをつければさらにゴージャスになります。
これなら前から見ても横から見ても後ろから見ても、華やかな雰囲気の髪型になります。

やさしい雰囲気を演出したいときには、トップの毛を引き出してふんわりとさせておき、毛先までゆるめに編み込みをします。
毛先をくるっとまとめてピンでとめれば、全体的にふんわりとした雰囲気の髪型になります。

ロングヘアでは、三つ編みを駆使するのがおすすめです。
レトロな雰囲気やクラシカルな雰囲気を出すことができるからです。
また三つ編みは髪型が崩れにくいため、長時間着物を着ているときにも安心です。
結婚式などの場所にも華やかな雰囲気になるためおすすめです。
自分でアレンジする方法は、髪全体を左右上下で4つに分けます。
左右のサイドを三つ編みにします。
左右の後ろはおさげ結びにします。
おさげ結びの髪は毛先を中に入れ込む、くるりんぱを何度か繰り返します。
最後をピンで固定します。
サイドの三つ編み部分をくるりんぱの後ろ部分に沿わせて反対側へもっていって、ピンでとめます。
両サイドの三つ編みを左右に固定して、仕上げにヘアアクセを飾れば完成です。
サイドを三つ編み、後ろをくるりんぱしてまとめるだけなので自分でも簡単にできます。

着物に合う髪型セミロング

セミロング~ロングにかけては、アップするのが基本です。
やはり着物に合う一番の髪型はアップすること、うなじをみせて着物をきれいに着こなしましょう。
大人の女性の場合には、低い位置でアップにすると、落ち着いた雰囲気で魅力的に仕上げることができるためおすすめです。
自分でアップにするときも、低めを意識してとめるようにしましょう。

セミロングの人におすすめの自分でできる髪型は、三つ編みからのアレンジです。
髪全体を大きく二つに分けて、三つ編みにします。
このとき顔のサイドに少し垂らす髪は別にして垂らしておいてください。
二本の三つ編みをゆるめに作って、それを適当に巻いてアップにします。
片方のサイドに寄せるとかわいらしい印象になると思います。
あとは自分のイメージのヘアアクセを着物に合わせて選んで、ワンポイントにすれば完成です。

両サイドの髪を少しずつとり、後ろでしばり、束ねた毛先をしばった髪の間に通して、くるりんぱとします。
これを2回ほど繰り返して、結んだところから何ヶ所か少しずつ髪の毛をひっぱりだしてふんわりとさせます。
仕上げに小花などのヘアアクセを全体に散りばめると、かわいらしい印象の髪型になります。

セミロングには、ねじりアップもおすすめです。
自分で簡単にねじるだけでできるためセットしやすいし、セミロングでもアップにできるため着物映えすると思います。
耳横で指の太さくらいに髪を2束とり、下の髪の毛を上の髪の毛にクロスして巻き付けます。
次に下からまた髪の毛をすくって巻き付け、すくって巻き付けを繰り返します。
半分までいったところでピンで固定して、今度は反対側の耳横から同じようにしてねじりを作ります。
最後はねじり部分をピンで固定して完成です。