インフルエンザと喉

みなさんは、いつも喉の調子はよいですか?しゃべりすぎたり、大きな声を出しすぎたり、歌い続けたりすると、喉の調子がおかしくなってしまいます。
このような経験のある人はたくさんいると思います。私自身、喉を酷使してしまったときは、トローチや喉飴を舐めたり、水分をよくとったりして、喉をケアしていました。
喉を痛めたことで風邪をひきそうになっていたとしても、このようにケアをしていると酷い風邪をひくことはありませんでした。
しかし、年月が過ぎると、昔と同じようにいくわけではありません。
喉を酷使してしまい風邪をひきそうなとき、本格的にひくことなく治っていたときのことを思い出して同じようにやってみるのですが、やはり昔のようにはいかないことが多く、そのまま風邪をひいてしまいます。

風邪をひいてしまうときとはどんなときかと思い返してみると、私自身は、大声を出したりしゃべりすぎたりして喉を酷使しているときに、子供が風邪をひいていたりするとそれをもらってしまうという、そういった流れが多かったです。
弱った喉にはウイルスがつきやすいのだと思います。

子供がインフルエンザになったときもそうでした。
私はちょうど大声を出して喉を酷使していました。
喉を酷使している人は、乾燥やウイルス感染などで簡単に喉を痛めてしまうのです。
喉の調子がよくないから子供のインフルエンザをもらってしまうかもしれない、と不安に思っていたら、数日後、やはり喉が乾燥したような、イガイガするような違和感を感じました。
単に大声を出したり歌いすぎたり、しゃべりすぎたりしたときの違和感とはまた違いました。
咳が出そうで出なくて、なんだか喉がかゆいような、独特な感じの違和感でした。
その状態から、食欲がなくなり、軽く咳が出始め、熱が上がり出しました。
検査をすると、やはりインフルエンザでした。

インフルエンザの症状として、喉の痛みがあります。風邪でもインフルエンザでも喉からウイルスが入ります。
喉が痛んでいればやはりウイルスに感染しやすいです。
普段から喉を酷使しがちな人は、こまめに水分をとって喉をいたわりましょう。
乾燥を防ぐことができますし、喉についたウイルスを流すこともできます。

インフルエンザB型の胃腸症状

毎年、寒い季節になるとインフルエンザの話題になりますね。
そのときにA型だとか、B型だとか、なにやらアルファベットの型の話を聞いたことはないでしょうか。
インフルエンザは、このようにウイルスの型によって分類されており、A型、B型、C型の3つの種類に分かれています。
この中でA型は、さらになんと144種類にも分かれているそうです。
今までにかかったインフルエンザがA型だとしたら、今後も違う種類のA型にかかることがあるのです。
B型やC型には、そのようなたくさんの種類はないので、一度かかるとその後はかかりにくくなります。

A型、B型、C型の中で、一番症状の軽いものはC型です。
高熱が出てもすぐに下がり、咳や鼻水も出ますが、普通の風邪と見分けがつかないくらいです。
A型は、急激に高熱が出て、頭痛や関節痛、筋肉痛や倦怠感、咳、鼻水などの風邪のような症状が出ます。B型も似たような症状なのですが、A型と違う点があります。
それは腹痛や下痢が発生しやすいという点です。

これは自分の経験からも、正しいと思います。
ある冬、B型のインフルエンザが地域で流行り、子供がかかりました。
それを私がもらってしまったときの事です。
言われている通り腹痛や下痢が起こりました。
かなり辛くて、トイレの手すりにつかまって耐えていないと大変だというくらいだったので、よく覚えています。
食欲もほとんどありませんでしたし、吐き気も少しありました。
このように胃腸症状がかなり顕著に現れました。

B型の症状として、発熱はA型と比べると比較的低めだと言われていますが、私も子供も40度近い高熱が出たので一概には言えないようです。
同じく、腹痛や下痢も、私は酷めでしたが、子供は胃腸症状はそんなに出ずに食欲不振程度だったので、絶対になるとは言いきれません。
しかし、同時期にB型にかかっていた知り合いにどんな症状だったか話を聞くと、腹痛や下痢が酷かったと言っていました。
やはり、胃腸症状が出やすいというのは正しいようです。

B型は胃腸症状がきつめで辛い印象ですが、一度かかっておくとその後はかかりにくくなるそうなので、私自身としては、なっておいてよかったかな、とも思っています。

シワが深くなる原因と対策

シワが深くなるにはいくつか原因があります。その原因を知ることによってシワ対策に役立てましょう。

まず、人それぞれ表情にはクセがあります。眉間にしわを寄せるクセや目を見開くときに額に横ジワを作ってしまうクセは、お肌に弾力があるうちはすぐに元に戻りますが、お肌の内側が弱ってくるとそのままシワとなって深く刻まれてしまいます。そして年齢とともに増えるストレスや愛想笑いは、この表情ジワを加速させます。

また、筋肉は皮膚を支える役割があるのですが、筋肉量が減ると筋肉が皮膚の重さに耐えきれなくなってきます。そのため皮膚は徐々に垂れ下がり、その部分には深いシワが刻まれてしまいます。これは加齢によるものだけでなく、表情が乏しい人でも起こり得ます。

さらに、乾燥はあらゆる肌トラブルの原因ですが、シワに関しても同じで、肌の水分量が不足し乾燥すると、肌は萎んだような状態でシワも戻りにくくなってしまいます。

加えて、コラーゲンが減ると一度できたシワが戻らなくなってしまいます。肌の弾力にはシワを作らせない・目立たせないという役割がありますが、コラーゲンはその肌の弾力成分のひとつです。

コラーゲンが失われる原因には加齢もありますが、紫外線ダメージによるものが大きいです。紫外線はUVAとUVBに分けられ、このうちUVAは真皮まで届き、特に初夏の強い紫外線は肌の奥深くにまで到達し、肌細胞を破壊しさらに新しい肌細胞を作り出す機能も低下させてしまいます。

シワができる原因は2割が加齢による老化、8割が紫外線による光老化といわれています。

年齢を重ねていくと、上記にあげたような乾燥や筋肉量の低下、表情のクセなどがまとめて起こります。さらにターンオーバーサイクルも悪化しているため肌が健康に戻りにくく、特に乾燥やコラーゲンの減少は自力で改善するのは難しくなります。そのため、外側から潤いを補給してあげる必要があります。

深いシワとなる真皮ジワは、保湿に加え肌内部の水分量も増やさなければいけません。つまり、コラーゲンの産生を助け、肌に潤いを与え、潤いを逃がさない保湿力がある化粧品(クリーム・美容液)が必要となってきます。

また、紫外線で傷ついた肌細胞の機能を復活させることで深いシワを消すことにつながります。