インフルエンザの関節痛

みなさんは関節痛と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。
体を動かしたときに無理な体勢をとると関節を痛めることがありますね。
その他、加齢と共に膝や腰、肩などが痛くなったりすることもあります。
関節を痛める原因はさまざまですが、インフルエンザになったとき、関節痛の症状が出る場合があります。
風邪をひいたときに、関節痛が起こったことがある人はいないでしょうか。
私はあまり経験したことがないのですが、みなさんの中で経験したことがある人もいるだろうと思います。眠れないほど痛いという場合もあるようです。
風邪をひくと、ウイルスと戦うために体は熱を出します。
熱が上がっていく時に、悪寒というものを感じます。悪寒とは、体がゾクゾクと寒くなるような、ガタガタと震えるような感覚のことです。
体を震えさせることで熱を上げてウイルスと戦うのです。
人の体はよくできていますね。
風邪をひいたときに、どうして関節痛になるのか?ですが、この発熱こそが、関節痛の原因なのです。
熱を上げるときに体の中で発生する物質があるのですが、その物質が関節に影響を与えて炎症を起こすことがあり、それが関節痛となって症状として現れるのです。
この物質の出方には個人差があったり、発熱の程度によっても出方が違うようです。
風邪ではなく、インフルエンザでの発熱ならどうでしょうか。
インフルエンザの症状として、急に高熱が出る、というのがありますね。
風邪と比べても熱の出方が違いますね。
高熱が急に出るので、関節痛も風邪の場合と比べて症状が強く出るのが一般的です。
インフルエンザでの関節痛はかなり辛いことが多いです。
全身が痛んで大変な場合もあります。
腰や肩、首、膝など、いろいろな場所が痛みます。
全身が痛いということは、体が休みなさいと言っているようなものです。
関節痛を治めたいなら、安静にするのが一番です。
ぐっすり眠りましょう。
眠れなくても体を横にしましょう。
インフルエンザが治っていく過程で、関節痛の症状も治まってきます。
インフルエンザの発熱や関節痛に解熱剤を使用することがありますが、水分がとれて、眠ることも出来ているなら、解熱剤なしで安静にして治るのを待ってみてもよいでしょう。