宿泊施設でのマナーについて

宿泊施設でのマナー
ペットと旅行をした際の、旅行先のお部屋でのマナーについて確認してください。

旅行先の客室は、私たち人間にとってはとてもくつろげる癒しの空間ですが、ペットにとっては見知らない場所に連れてこられて、不安でいっぱいです。
そのため、絶対にお部屋でペットをひとりにしないでください。
普段、おうちでお留守番に慣れているペットでも、環境が変わると、むだ吠えしたりお部屋の物を壊したりしてしまうこともあります。
「うちの子は大丈夫」と飼い主さんは思いますが、慣れない場所では思わぬ行動をして、さまざまな人に迷惑をかける可能性もあります。

ペットが利用できる最近の宿泊施設では、ダイニングレストランにペットを連れて行けたり、飼い主が入浴している間、ペットが待っていられるように設備が整っていたりする場合も多いです。
このように飼い主が部屋を出る時に、ペットもついて行けるようになっている施設がおすすめなのですが、そうでない場合でも、置き去りにしないで誰かが部屋いてあげるようにしましょう。

ロビーや廊下、プレイルームなど、ほかのお客さんとの共有スペースでは、必ずペットにリードをつけましょう。
ペットと一緒に泊まれる宿泊施設は、ペット同士が触れ合えることが魅力の1つですが、初めて会う仲間ということでハプニングも考えられます。
そのため、客室から出て館内を歩く際は、リードを必ず着用させて、ペットが飼い主の前に来ないように歩かせましょう。

動物は環境が変わると不安を感じることがあるので、普段トイレがしっかりできる子でも、いつもと違うトイレに戸惑って粗相をしてしまうこともあります。
そのような場合は、トイレシートですぐに吸水して、雑巾でしっかりと拭き取り、消臭スプレーなどで消臭しましょう。
そして、オーナーさんにもちゃんと申し出てください。
うんちの場合は、基本的に、持ち帰るのがマナーなので覚えておきましょう。
そのため、旅行の持ち物として、雑巾や消臭スプレー、うんちの後始末のための袋を忘れずに用意しましょう。
ペット用のうんち処理袋も販売されているのでおすすめです。