猫の白血病ってどんな病気ですか?について

猫の白血病ってどんな病気ですか?
猫にとって怖い病気の1つは、猫白血病でしょう。これは家にしかいない猫よりは、外へ遊びに行く猫がかかるかもしれない病気です。猫白血病のウイルスを持った猫との接触により感染するものです。主に唾液の中にウイルスが多くいるので、喧嘩したりして、噛みつかれたりすると、うつってしまいます。

ウイルスに感染しているかどうかは、獣医さんで血液検査をすればすぐに分かります。元気なうちに血液検査をして、もしまだ感染していないなら、すぐに予防接種を受けさせましょう。特に、外に遊びに行く猫は、必ず検査をした方がいいと思います。

もし、このウイルスに感染した時にはどんな症状がでるのでしょうか。まず、元気がなくなり、食欲もなくなります。体重が減少し、呼吸困難、下痢、発熱、鼻水などの症状が出ます。この急性期の症状を何とか切り抜けたとしても、ウイルスそのものを殺す薬はないので、1年から2年くらいすると、様々な病気にかかってしまいます。リンパ肉腫、再生不良性貧血、慢性口内炎、血小板減少症、他、いろいろな病気にかかる可能性がありますから、とても怖いです。

家の中に何匹か一緒に飼っているのでしたら、他の猫にうつらないように気をつけなければなりません。また、日頃より質の良い食事、新鮮な水を摂るように気を付けて、高い免疫力を持つ猫にしておけば、もし、ウイルスを持った猫に接触したとしても、感染しにくくなります。ですが、一番大切なことは予防接種を受けさせることですね。