猫のペット保険の賢い選び方について

猫のペット保険の賢い選び方
最近、ペットが病気やけがをした時のための保険に入る人が増えていますね。人間の医療保険と同じような役割をする保険です。猫は犬に比べると、病気になりにくく、体もしなやかなためか、けがをする機会が少ないようです。そのため、猫の方が犬より保険に入る率が低いようです。でも、猫も老年になるとやはり病気にかかります。猫のペット保険のことも考えてみるのもいいかもしれませんね。

でも、色々な保険があるので、一体どのような保険に入ればいいのだろうと考えてしまうと思います。保険料が安ければそれでいいという訳でもないですし・・。猫に適した保険を捜す必要があるかもしれません。

猫は犬に比べると、けがをしにくいし割と病気にもならないのですが、年取ってくると腎臓が悪くなる傾向があります。腎臓の悪い猫は結構多いものです。いったん猫が腎臓病になると、それは持病になり一生涯その病気と付き合って行かなればなりません。そうなると、定期的に獣医さんに診せたり、治療したり、それ専用のキャットフードも必要になります。その治療費は結構かかるものです。

ですから、猫のペット保険は長い年月治療費を賄ってくれる、慢性病に適した保険が良いと言えるでしょう。保険によっては通院回数が年に20回とか決められているものもあるので、慢性病には適しません。毎月の保険料が多少高くても、慢性病や癌に適応した保険をじっくり捜し、入る時にはよく説明を聞く必要があるかもしれませんね。


In category: 未分類