猫の耳と目を観察して、健康チェックについて

猫の耳と目を観察して、健康チェック
家族の一員である、猫。でも猫はしゃべることができませんから、具合が悪くても言葉で説明したりしてくれません。ですから猫の健康は人間が観察して、気づいてあげる必要がありますね。そうすれば、元気に長生きしてくれます。

猫の耳を見てあげましょう。耳の中に何かできていないか、汚くないか見てみましょう。それから、匂いをかぐ必要もあります。耳に何か出来ていたりすると、嫌な臭いがするものです。又、しょっちゅう、手で耳を掻いたりして、かゆそうではないですか?そういった症状がある場合は、ひょっとすると寄生虫などによる外耳炎や、細菌等による耳の病気になっているかもしれません。外に遊びに行かせている猫の場合は、他の猫との接触があるので、要注意です。すぐに獣医さんに診てもらいましょう。

猫の目を見てあげましょう。目ヤニが多いし目が赤い、しょぼしょぼしている、涙も出ている、目をかゆがっているような事はありませんか。細菌やほこりなどによって、結膜炎や角膜炎になっているかもしれません。また、伝染性の病気にかかっている時も、目が赤くなったりすることがあります。そういう場合は、他の猫にも伝染することがありますから、すぐに獣医さんに連れて行ってあげましょう。特に子猫の場合は、死んでしまう事もありますので大変です。

猫のために、伝染性の病気にならないためのワクチンもありますから、獣医さんにどのようなワクチンがあるのか聞いてみるのもいいかもしれませんよ。