子供の貧困を救う手立てとは!?について

子供の貧困を救う手立てとは!?
子供の貧困について今日本では多くの問題が出ています。必要最低限の生活水準の生活がままならず貧困に飢える子供が6人の1人いることが調査でわかりました。
先進国でもあるにもかかわらずひとり親世帯での子供のうち56パーセントは貧困生活を強いられているこの現状にどう向き合うのかが課題になっています。
原因は世帯によって様々あります。例えば、シングルマザーでの生活で母親も仕事が安定せず低所得の為、充分な食事や教育がうけられないままになってしまったり、家庭内での暴力、虐待を受け学校にも不登校になって通えない子がいたりといった内容が多くあります。
せっかく成長できる期間に学ぶことをあきらめ、食べることもできない生活に希望を見いだせず「どうせ私なんて」「もう僕の人生は終わった」と心を閉じ、逆境にさらされる子供たちをどうにかして救わなくてはなりません。
日本では全国的に大きく動き出し、貧困と呼ばれる子供達に対し生活の基礎を作れる仕組みが行われています。

震災の影響で放課後教室を作り、勉強に取り組む子供の支援や家庭内では難しい自分の居場所を提供したりする中で大きな変化を遂げ、進学を考え受験の準備をし始める子や登校拒否から脱出し学校に通いだす子もいます。
また夜ご飯をひとりで家で寂しく食べる子供や栄養が取りにくい状況にいる子供達、またはその親もこども食堂の取り組みにより栄養満点の食事をとれるネットワークが広がっています。全くの団体が無料ではなく100円から300円の料金を支払いますが気軽に通い、食事をとることが出来るのです。2010年ごろからはじまり、ネットやニュースで話題を呼び、全国各地域で取り組まれています。孤立化した現代の子供たちの生活が地域の住民との交流をとることで生活が支えられ、周りの大人たちも子供たちの様子もわかるようになりました。
運営については寄付金から賄われることが多く、あまりものを持ち寄りしたり助けを借りながら費用を賄っています。
食事で言えばフードバンクも注目され生活困窮者に対し、子供がいる家庭に絞らず品質に問題のない食品を配給でもらうことができる制度もあり配給団体により運営をおこなっています。


In category: 未分類