頭の良い子が食べるものについて

頭の良い子が食べるもの
今年もきました!受験シーズン。でもみんながみんな受験の日まで順調に勉強ができたこばかりではないでしょう。
進路を決めるのに悩んだあり葛藤がある子もいまうが、それ以前に勉強をいくらしてもポワーンと集中してなかったり、問題の意味を理解せずいつまでも正解が出せなかったり、子供の勉強にはいろんな壁があります。
ところで人間は必ず食べ物を食べて生きています。必要不可欠であり、成長期には特に食事は大切です!
食育という言葉が近年話題になっています。食事がいかに大切か今知るべき時が来たのではないでしょうか?!
さて優秀、優等生と呼ばれる子供は一体普段何を食べているのでしょうか?何と東大に入って勉強しているいわゆる「頭のいいこ」は何の食べ物が好きなのか?調査したら何と納豆!だったそうです。スーパーでもどこでも気軽に安く買える納豆!これを食べれば頭が良くなる!どうしてか不思議ですよね。
納豆にはレシチンという物質が入っています。これは記憶力の源で食べ得ると脳の中で記憶力が活発に働き、血液までサラサラになります。血液サラサラっていいことづくめ!勉強とは関係ないですが静電気がこないので痛い思いをしません。
血液サラサラになれば酸素や栄養も取り入れやすくなり脳がどんどん活性化してくるのです!
青魚も頭が良くなる魚と言います、イワシやマグロ、ブリには DHAがたくさん含まれてるのです。
ドコサヘキサエン酸という不飽和脂肪酸の一種が魚の細胞に含まれていることで記憶学習中核を作ります。神経組織の発育も促し、なるべく食事の中に取り入れるよう心がけてるのも良いでしょう。
ですが、人によっては魚も大豆もアレルギーがあります。
気をつけて食べたほうがいい場合もあるのでいきなりたくさん食べるというのはやめましょう。
そして食べるときに大切なのが一人でテレビを見てぼーっと食べるのでなく、できれば家族みんなんで揃って楽しく食事することです
。これは何よりも大事!吸収率が上がり、心も穏やかになります。視覚で見てしっかりよく噛むことも重要です。買ってきたものがレトルトだろうが安いお惣菜だろうが、一度はきちんと家の食器に乗せ温め食べることで脳の刺激も違います。