アレルギーから守るおやつについて

アレルギーから守るおやつ
食品アレルギーは今は幼児の時から問題になっている子ども達が増え、ファミリーレストランでもメニューを開けばアレルギー対策のため食品の内容が詳しく書かれてあります。保育園でもアレルギーの子ども達は給食でも木を使い、みんなと同じ給食ではない場合もあります。と言っても子どもはいろんなものを他の子と同じように食べたいと思う時期がきます。そうした際に、市販でもアレルギーにあまり敏感にならないで食べらるおやつをご紹介します!市販のおやつ会社のホームページを見るとアレルギー一覧で検索もでき大変便利で買う前から商品の情報を入手できます。
「ギンジスたべっ子ベイビー」有名なたべっ子どうぶつのお菓子で他のたべっ子にはバターが入っているますが、ベイビー版には卵牛乳大豆不使用です。チャックがついている為、外で食べるおやつにも向いています!驚くのはギンジスの商品は全て卵不使用!重度のアレルギーで卵に悩むご家族の方には是非お勧め!
「三立製菓源氏パイ」こちらももう食べたことがない人はいないでしょう!サクサクとした食感の洋菓子杯です。いかにもと言う感じですが嬉しいことに卵牛乳大豆不使用で驚きます。
「亀田製菓ハッピーターン」甘くても心配いらないおせんべいです。子供たちやママ友同士でのお菓子交換で小分けになっているので配りやすく、また3大アレルギーにも安心です。醤油を使わないので気にすることは大豆アレルギーのみになります。独自の甘じょっぱいパウダーにみんなメロメロです。
お誕生日に盛り上がりたい時は「サーティーワン アイスクリームケーキ」え!?アイスなんてダメでしょう!?と思われるかもしれませんが卵を使っていないケーキがたくさんあります。卵アレルギーのお子さんは食べて大丈夫です。
買う前にスタッフさんにアレルギーを伝え、どのケーキが食べられるのか確認して選びましょう。
アレルギーと一口に言ってもその子一人一人に食べらるもの、そうでないものがあります。乳製品がダメな子もいれば果物がダメな子もいます。ですが食事やおやつタイムをストレスなく楽しむ工夫が大切です。手作りのお菓子を毎回作るお母さんも素晴らしいですが、仕事をしていたり他にも兄弟がいたら毎日の生活でそう頻繁には作れないご家庭もあります。
時々市販のお菓子を求め選ぶ楽しみも味わうのも生活の一部に取り入れてみるのもいかがでしょうか?


In category: 未分類