SNSのメリット、デメリットで見る親子関係について

SNSのメリット、デメリットで見る親子関係
SNS(ソーシャルネットワーク)を使わない若者はいないほど現代には必要不可欠なものになっています。
若者だけではなく年齢幅広く高齢者までが使いこなそうとできてしまう人にとっては画期的な道具の一つです。
親子関係の間でも頻繁につかってSNSを活用し、遠くに住んでいる家族とコミュニケーションを取ったり、お互いの様子を知る上では簡単で気軽に連絡が取りやすいのが良い点です。たとえ海外にいても時空や壁を越えて連絡がとれる手段が今はどの家庭でも活用できるの時代になりました。
その反面、デメリットも多くあり家族のコミュニケーション不足を悪化させたり、個人情報をむやみに大多数の人間と共有することで自分一人だけでなく家族や友達、働く同僚を危険にさらすこともあります。SNSでは自分の投稿する画像、記事の内容に他者のユーザーから「#いいね」を押してもらうことができ、それによって自分の社会的地位、存在感を感じたいがために迷惑をかけても平気で動画、写真を撮り悪気なく投稿して問題を起こす若者も後を絶ちません。
それによって他者との生活環境を比べ「自分は負けている。」「友達の方が毎日充実していそうで羨ましい。」など妬み僻みも持ち、いちいち落ち込むこともあるのです。
例えば投稿した記事が世間に広がり、何か事件が起きて公開した情報を消したいと思っていても完璧に消えることは困難です。
情報を悪用して大切な家族に被害が起きたら大変です。人間関係に大きく悪影響を持たすのもこのSNSの恐ろしいところなのです。
できるだけスマホ、携帯、インターネットを頻繁に使う年齢になる前に親子との間で「何のために使うSNSなのか」真剣に話合いを持ち共有することが必要です。
子供の成長に合わせてルールを持ち、尊重しあうことは今後の生活に良い影響をもたらします。
ウイルス対策などもし、もし子供に少しでも異様な雰囲気や変な行動、元気をなくしていたらすばやくトラブルサインに気づき行動しましょう。
そして子供だけでなく、子供の画像をSNSに投稿する親も気を付けなくてなりません。子供が幼いほど親は勝手に子供の成長過程をSNSに投稿するケースをよく見かけます。ですが子供が大きくなってから「自分を勝手に世間にさらした。」「この写真を載せてほしくなかった。」などいろんなことを思って、ひとりで傷ついてしまうこともあるのです。
ユーザー本人は全く映らないのに子供の画像だけで投稿するのもいかがなものかと意見がでていることも事実です。
なるべく生活パターン、通っている幼稚園や学校の制服姿は掲載することをおすすめできません。所在地もわかり、情報が散乱するこの現代社会でいつ自分のお子さんが狙われ被害を受けるかわかりません。そして自分の子どもだけでなく友達、クラスメイトの顔を勝手に投稿するのもやめましょう。きちんと親御さんに許可を取り、本来なら本人にも許可を取るべきなのです。無許可での投稿は親子関係に亀裂も入りやすいことになる原因にもなることを忘れてはなりません。