釣り糸の材質について

釣り糸の材質
釣り糸の材質が問題になるのは、獲物がかかった時のアタリがわかりやすいかどうかです。
小さな魚は引きが弱いですから、ナイロンラインの伸びが邪魔をしてしまうのです。
ただ、初心者にはナイロンラインがおすすめと言われています。
昔から使用されてきた釣り糸の種類の中では一番ポピュラーだからです。
価格が安いと言う点も魅力ですが、トラブルが少ないことも初心者には大きなメリットです。
釣り糸のトラブル、つまりもつれが少ないのです。
人の釣り糸と巻き付いてしまうと、自分だけではなく他の人に迷惑をかけてしまいます。
それだけは避けたいものです。
ナイロンラインが使用されている理由はしなやかさにあります。
柔らかいのです。
その特徴を継承しているのがPEラインです
細い釣り糸を複数本より合わせて一本に仕上げています。
材質はポリエチレンです。
それを略してPEと呼ばれているのです。
しなやかさを確保しながら、アタリのわかりやすさを持っていますから、初心者にも使いやすいラインとなっています。
釣りの楽しみは魚が釣れることだけではなく、どのようなラインを使えばどのように結果が変わるかを理解することだと考える人もいます。
つまり、いろいろなラインを選んで試してみるのです。
いつも同じラインを使用するのではなく、経験のためにいろいろなパターンを試してみましょう。
魚の種類によって、水面からの深さが違います。
そこに合わせて釣り糸を選ばなければなりません。