海釣り用釣り竿について

海釣り用釣り竿
海釣り用の釣り竿について説明しましょう。
一口に海釣りと言ってもいろいろな釣り方があります。
磯や防波堤での釣りの場合、磯竿が定番です。
ウキ釣り、サビキ釣り、カゴ釣りなどに使われます。
選び方として長さをチェックすることが一番大切です。
磯の場合は5.3m、防波堤では4.5mと少し短めを選ぶと使いやすいでしょう。
磯竿には号数が決められており、使用するハリスの太さが号数を示しています。
遠くまで仕掛けを飛ばすことを遠投と言いますが、そのための竿が投げ竿です。
もちろん、投げ竿にも長さと重さがあります。
投げ竿の号数は投げられるオモリの号数を示しています。
ルアーフィッシングをするならルアーロッドです。
もちろん、ルアー以外に使用することもできますから、持っていると利用価値が高いでしょう。
海釣りをする場合でも渓流用の釣り竿を好んで使用する人もいます。
海釣り用と渓流用の釣り竿の大きな違いはリールを取付けるかどうかと言うことです。
リールはできるだけ軽く作られていますが、なければその分だけ確実に軽くなります。
堤防などで渓流竿を使っている人は、軽い竿を好んでいるのです。
基本的な構造はどの釣り竿も同じですから、選び方に決まりごとはないと言えるでしょう。
ただ、自分がどのような釣り方をするのか、どのくらいの魚を釣ろうと考えているかをイメージして、長さや号数を決めるのです。
もちろん、予想外の魚が釣れるケースも少なくありません。
釣り竿の選び方は基本を理解して、自分なりに応用することが大切です。