ダイエットに無理は禁物について

ダイエットに無理は禁物
1日1~2食の食事を低カロリーなものに置き換える「置き換えダイエット」もそうですが、どんなダイエット方法でも、必ず“努力”が必要になります。でも、無理をしてまで続けてはいけません。ダイエットの努力とは、耐えられないほどの空腹感を我慢し、きつい運動を倒れるくらいまで行うことではありません。

ダイエットを効果的に進めるには、楽しく前向きに続けられる工夫が必要なのです。おなかが空いて耐えられない時には、気分転換に外へ出て散歩をしてみたり、自分で低カロリーのデザートを作ってみたり、ショッピングに出かけて痩せたら着たい服を見つけたりして、心も体も明るい気持ちでいることが大切です。

また、ダイエットが辛くなったら、たまには息抜きをして、カフェでおいしいスイーツを食べたり、お友達とランチに出かけたりしても良いのです。時には息抜きすることで、辛い気持ちや負担から解放され、また次の日からがんばるぞ、と意欲がもてるようになるでしょう。

耐えられない空腹感と戦い、我慢し続けて目標の体重にまで落とすことができたとしても、その後は、激しい食欲が襲われ、あっという間にリバウンドしてしまう可能性もあります。そうなってしまっては、これまでの辛い試練、それに耐えて減った体重、それに費やした時間とお金、そのすべてが台無しになり、意味のないものになってしまいます。

置き換えダイエットも同じで、無理をしてでもやっていたら、必ずと言って良いほどリバウンドしたり挫折したりして、すべてが無駄になってしまいます。ダイエット食品を使った置き換えダイエットは、自分でカロリー制限する方法を考えなくても良いので、手間なく効果的に行えます。最初は1食の置き換えから始めて、調子の良い日や忙しい平日は2食に置き換えてみるなど、自分に合った無理のない方法で続けることで、良い効果が得られるでしょう。