「置き換えダイエット」とは?について

「置き換えダイエット」とは?
運動しなくても、苦労しなくても痩せられる、として話題になっているのが、「置き換えダイエット」です。

置き換えダイエットとは、1日の摂取カロリーを減らすために、食事をカロリーの低い食べ物に置き換えるダイエット方法です。置き換えると言っても、すべての食事を低カロリーなものに換えるわけではなく、1日のうちで1食か2食置き換えるのが主流です。

どうして食べる物をカロリーの低いものに置き換えるだけで、痩せることができるのかというと、脂肪は必要以上のカロリーによってたまるからです。

カロリーは、私たちの体を動かすためのエネルギーです。カロリーは、私たちが直接摂取しているわけではなく、体を動かした時に、体の中で燃焼作用が起きて生じるエネルギーです。また、カロリーはあらゆる臓器の燃料にもなり、呼吸を行ったり、心臓の鼓動を刻んだり、頭で考えたり、文章を呼んだりするときもカロリーを消費しています。そのため、カロリーは私たち人間にとってとても大切なものなのです。

ところが、カロリーを消費する量が摂取した量を下回っていると、消費できなかった分が脂肪として体内にたまってしまいます。そのことから、食べる物を低カロリーなものに換えて、消費カロリーの方が摂取カロリーよりも多い状態にする置き換えダイエットは、ダイエット効果が高いと言えるのです。また、消費カロリーの方が多いと、エネルギーが足りない状態になり、蓄積されていた脂肪がカロリーに変換されるので、痩せる効果につながるのです。