重症のニキビは皮膚科へ行くべき?について

重症のニキビは皮膚科へ行くべき?
思春期のニキビにしろ、大人ニキビにしろ、中々治らなくてどうしようもなくなったら、皮膚科へ行った方がいいかもしれません。
中々治らないのに、自分流の処置を行い続けていると、ニキビは益々悪化する可能性があります。
ニキビでわざわざ皮膚科へ行くなんて面倒くさいと思わずに、思い切って皮膚科へ行ってみましょう。

皮膚科ではまず、いつからニキビができ始めたのか、どのような食生活なのか、どのような生活習慣なのか等を問診されます。
もちろん正直に答えましょう。
また、かなりニキビがひどい場合や他の病気が疑われる場合、血液検査等をすることもあります。

それから、それぞれの人に適したニキビ治療が行われます。
それぞれの体質や原因等により、治療法が変わります。
どの人も一律同じ治療という訳ではありませんが、大体はニキビ用の塗り薬や飲み薬が処方されます。
殆どは保険が適用される治療なので、高額な治療費を請求されることはないでしょう。

塗り薬はニキビの原因になっている菌が増えないようにする薬や、炎症を取る薬、毛穴の詰まりを取る薬等が処方されます。
それを一回塗ったら治るというものではありません。
長期間かかると思って、根気よく治療することが大切です。

飲み薬は抗菌薬が処方される事もあります。
場合によっては漢方薬を処方する皮膚科もあります。
漢方薬には即効性はありませんが、体の根本から治して行く治療ですから、漢方薬が処方されたら、気長に、医師の指導に従って飲むようにしましょう。

実際に処置を施す治療が行われることもあります。
毛穴に皮脂や角質がかなり詰まっている時には、器具を使って直接毛穴からそれらのものを取り除くのです。
これをすることにより、外用薬も浸透しやすくなります。

皮膚科でニキビ治療をしているからと言っても、普段、肌に良くないことを繰り返していたら、せっかく治療をしているのに効果が期待できません。
やはり、普段からのケアもとても大事です。

例えば、ニキビ肌用のファンデーションを使っていたとしても、自宅に戻ったら、すぐに洗顔することが大事です。
出来るだけ肌を休ませた方がいいので、寝る前に洗顔というよりは、自宅に戻ったら即、洗顔しましょう。
ごしごし洗うのはNGです。
こんもりとした泡でやさしく洗い、すすぎは十分に行いましょう。

皮膚科で処方された塗り薬は、医師の言われた通りに塗っておきましょう。
いつ、どのように塗るのか詳しく聞いて、もし分からないことがあったら、遠慮しないで聞くことが大切です。