背中に出来るニキビの治し方について

背中に出来るニキビの治し方
ニキビが顔に出来るのは当たり前なのですが、背中に赤いニキビのようなものがブツブツ出来てしまう事はないでしょうか。
夏になると背中がちょっと開いた服を着たいと思っても、背中がきれいでないと、そんな服も着れませんね。
ですが、この背中に出来るニキビ、これって顔に出来るニキビと同じものなのでしょうか。

実は、背中に出来るニキビは、顔に出来るニキビとは全く違うものなのです。
顔に出来るニキビは顔に多く存在するアクネ菌が原因になるものが殆どですが、背中ニキビの原因の主なものはマラセチア菌という真菌が原因で起こる毛のう炎なのです。
毛のうは、毛穴の奥にある部分で、ここにマラセチア菌が入ってしまい炎症を起こし、赤いニキビのような出来物が出来てしまいます。
毛のう炎はマラセチア菌だけでなく、ブドウ球菌などの細菌が原因で起こることもありますが、背中ニキビはマラセチア菌が原因であることが多いようです。

背中ニキビは一見、顔ニキビに似ているように思えますが、顔ニキビは赤く盛り上がった所に白い膿が見えることがあります。
ですが背中ニキビは赤く盛り上がった上の部分に小さなくぼみがあり、中央がポツンと黒くなっていたりします。

あまりにひどい背中ニキビでなければ、市販薬で治すことも出来ます。
購入する時には、抗生物質や抗真菌成分が配合された軟膏を選んで、塗ってみましょう。
これは真菌や細菌がどんどん増えるのを抑え、化膿止めにもなります。
塗る時は、シャワーを浴びた後、肌を清潔にした後に塗るようにします。

背中ニキビが出来ている時には、どのような石鹸を使って洗う必要があるのでしょうか。
出来るなら、普通の石鹸より、殺菌成分や炎症を抑える成分を配合したものを選ぶと良いかもしれません。
石鹸を使った後は、石鹸分が残らないように、よくすすぎましょう。
石鹸分が残っていると、かえって悪化する場合もあります。

背中ニキビが出来ていない人も、予防のために殺菌成分配合の石鹸を使うとよいでしょう。
汗や皮脂が誘因になることもありますから、下着は汗をすぐに吸収できる素材を使ったものにし、肌は出来るだけさらさらしているように気を付けた方がいいでしょう。

バランスの良い食生活をすることや、質の良い睡眠を摂る事も大切です。


In category: 未分類