ニキビケアには保湿が大切について

ニキビケアには保湿が大切
ニキビが出来ると、まず保湿をしなければと考える人は少ないかもしれません。
むしろ化粧水などもサッパリ系のものを使いたくなるでしょうし、皮脂を除きたいので、洗顔を念入りにしようと思いたくなるかもしれませんね。
ですが、ニキビケアには、まず保湿が大切なのです。

ではどうして保湿が大切なのでしょうか。
肌は乾燥すると、皮脂を多く分泌しようとするからなのです。
皮脂が多く分泌されると、余分な皮脂が毛穴を詰まらせることになり、それがニキビの原因となるアクネ菌の増殖を促してしまうからなのです。
ですから、洗顔の後はきちんと保湿して、肌の油分と水分のバランスを整えることが大切になってきます。

肌が乾燥していると、肌の新陳代謝の周期を乱してしまいます。
保湿をしっかりすることにより、肌のターンオーバーを正常にしますから、いつもきれいな肌でいることが出来るようになります。

では、どのようなスキンケアをすれば保湿も出来るし、ニキビ対策になるのでしょうか。

化粧水はさっぱりタイプよりはしっとりタイプのもものを選ぶようにします。
また、アルコールが入っている化粧水は多いですが、それはニキビにはよくありません。
アルコールが入っていないものを選ぶ必要があります。
アルコールはニキビで炎症を起こしている肌には刺激が強すぎますし、肌の乾燥も促してしまいます。

ニキビで炎症を起こしている肌には、グリチルリチン酸の入ったものが適しています。
グリチルリチン酸は、漢方の甘草の根から抽出されるもので、消炎効果があります。

化粧水の後に、ビタミンC配合の美容液をつけましょう。
ビタミンCは活性酸素を防ぎますし、シミやしわ対策になりますが、ニキビ肌にも有効です。
余分な皮脂を抑える役目もしてくれます。

ニキビ肌の人の洗顔は肌の皮脂を取りすぎない、昔ながらの固形石鹸で洗うのが良いとされています。
すすぎは十分に行い、清潔なタオルでやさしく抑えるように拭きましょう。

洗顔後に化粧水を手のひらでやさしく、たっぷりつけましょう。
コットンに染み込ませてつける人もいますが、ニキビ肌は敏感になっているので、コットンの繊維が刺激になることもあります。
出来たら手のひらでやさしくつける方がいいでしょう。
その後で美容液を適量ぬっておきましょう。


In category: 未分類