大人のニキビ、どうして出来るの?について

大人のニキビ、どうして出来るの?
思春期の頃にニキビが出来るのは、致し方ないとしても、大人になってもニキビが出来てしまう人って、結構多いですよね。
思春期のニキビはおでこなどに出来てしまう事が多いですが、大人のニキビの特徴は、あご辺りに出来てしまう事です。
それも中々治らないという厄介なものです。
大人のニキビって、どうして出来てしまうのでしょうか。

主な原因は、ストレス、睡眠不足、不規則な生活、疲れ、食生活等が原因で、ホルモンバランスが崩れてしまう事です。
ホルモンバランスが崩れると、肌の新陳代謝がうまく行かなくなります。
そうすると、毛穴に雑菌が溜まったりして、ニキビが出来やすくなるのです。
また、生理前などにも大人ニキビが出来やすくなると言われています。

なので、大人ニキビの場合はニキビの薬をつければよい、という訳にはいきません。
生活そのものが関係してくるので、生活改善が必要になってきます。
そういわれても、簡単には生活の改善なんて無理、と思われる方もおられると思います。
ですが、それ程大変なことではありません。

まず、食生活を改善しましょう。
野菜不足になっていると、便秘になりやすくなり、そうするとニキビが出来やすくなります。
野菜ジュースを飲むだけでもよいので、野菜をきちんと摂りましょう。
抗炎症作用のあるビタミンB群を多く含む、卵、納豆、味噌汁も摂りましょう。
納豆は便秘にも良いので、毎日食べるようにすると良いですね。
ビタミンCを多く含む果物も積極的に摂るようにしましょう。

睡眠不足もニキビには大敵です。
睡眠がよく摂れていないと、皮膚の新陳代謝にも悪影響を及ぼします。

ストレスもニキビの原因になることがあります。
ストレスを受けていると、睡眠がよく摂れませんし、またストレスにより免疫機能が低下し、そのためニキビを引き起こすアクネ菌が毛穴で増殖してしまいます。
それでニキビがいつも出来ている状態になってしまいます。
ストレスを全くなくすということは不可能ですので、思い切って仕事を休んでリラックスする事も大事かもしれません。

ニキビが出来ている時のお化粧ってどうしたら良いのでしょうか。
出来たらファンデーションは塗らない方が良いのですが、ニキビ肌用のファンデーションがありますから、そういうアイテムを選んで使いましょう。
刺激がなく、ニキビの上から塗れば、ニキビを隠してくれますから、安心です。


In category: 未分類