深いシワに効く化粧品を選ぶポイントについて

深いシワに効く化粧品を選ぶポイント
顔にできてしまうシワには大きく分けて、ちりめんジワと真皮ジワの2つがあります。
ちりめんジワは、ちりめん状に細かく浅いシワのことで、小ジワや乾燥ジワともいわれています。目元や口元など、動きが多く皮脂が少ない場所にできます。
ちりめんジワの主な原因は乾燥で、保湿するだけで解消することが多いです。肌表面の潤いを逃がさない保湿クリームなどを選ぶとシワ解消に効果的です。

これに対して真皮ジワは、深くて目立ちやすく、額・眉間・目尻・目の下・ほうれい線など大きくできるのが特徴です。表情に沿ってできるので、消えにくいシワとなってしまいます。そのため、笑ったり怒ったりしたとき、シワが気になる方が多くいらっしゃいます。
真皮ジワができてしまう原因は、乾燥に加えて肌内部のコラーゲンやエラスチンの減少により発生します。年齢を重ねるほど肌のコラーゲンの生成能力は落ちるので、歳をとるとシワができやすくなります。

真皮ジワの対策としては、保湿に加え肌内部の水分量も増やさなければいけません。そのためコラーゲン生成を助け、肌にうるおいを与え、うるおいにフタをする保湿力がある、これら3つの条件が揃った化粧品(クリーム・美容液)が必要です。コラーゲンは体内でも作られますが、化粧品で外部から補ってあげることも不可欠です。

化粧品を選ぶポイントは、まずは、シワに働きかける成分が入っていることが大切です。化粧品でシワに効果的と言われる代表的な成分はレチノール(ビタミンA)が有名ですが、このレチノールはコラーゲンの生成を助ける働きをしてくれます。

また、肌に合うかお試しできることも化粧品を選ぶうえで欠かせません。肌質は一人一人違うので、その人それぞれに合った化粧品を選ぶ必要があります。失敗しないためにも、まずは肌との相性を試してから購入すると良いでしょう。

さらに、深いシワは1~2週間では消えないので、コスパが良くて続けられることも重要です。しっかり効果を出すにはコツコツ継続することが必要なので、長く続けられるお財布にやさしいものを選びましょう。

深いシワを消すには肌の弾力をつくり、内側から押し出す肌のハリが必要です。特に肌内部のコラーゲン量を増やせる化粧品を選んで、シワを押し返しましょう。


In category: 未分類