目尻のシワには専用のアイクリームについて

目尻のシワには専用のアイクリーム
顔の中でも特に深いシワとなってしまう目尻のシワは、表情が現れやすく動きが多いことや、皮膚が薄く皮脂の分泌も少ないため乾燥しやすいことが主な原因です。
様々な部位のシワの中でも一番できやすいのが目尻や目元のシワと考えられていて、はじめは目尻の小じわやちりめんじわなど乾燥が原因の細かいシワから始まり、徐々に深く刻み込まれていきます。

目の周りの皮膚は非常に薄く、弾力の要であるコラーゲンも少ないことに加えて、目元は動かすことが多い場所であるため、他の部位以上にシワになりやすいです。目元に刻まれた深いシワ対策には専用のアイテムでケアしてあげるのが一番効果的で、美容成分が豊富で保湿力が高く、顔全体に塗るクリームよりもピンポイントにケアすることができます。

資生堂バイタルパーフェクションのリンクルリフトディープレチノホワイト4(医薬部外品)は、主成分がシワを改善する純粋レチノールと、美白効果のある4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)で、シワの改善とシミ予防が同時にできる美容液です。
この2つの成分は安定配合が難しいため、これまで同時に配合した商品はなかったのですが、リンクルリフトディープレチノホワイト4が業界で初めてこれを成し遂げました。

リンクルリフトディープレチノホワイト4は、朝と夜のお手入れで1日2回使用します。小さなパール粒1コ分を指先にとり、目や口の周りなどでシワが気になる部分にやさしくなじませるように使うのですが、この使用ペースだとチューブ1本15gでだいたい1か月分くらいになります。1本で税込み12,960円なので少し値段が高く思われますが、年齢を感じさせない潤いあふれるお肌を目指したい方にはおすすめです。
化粧品や乳液など、いつものスキンケアの一番最後に使うことで、若々しい目元を取り戻すことができる商品です。

ただ気を付けなければならないのが、シミ・シワに効果があるレチノールは刺激が強く、肌の弱い方が使うと肌荒れするリスクがあります。初めて使用するときや肌が敏感なときは、最初の2週間は2~3日間隔で夜のみ、次の2週間は毎夜と、少しずつ使用回数を増やすようにしたほうが良いということで、敏感肌の方は注意が必要なようです。