フィラリア予防薬についてについて

フィラリア予防薬について
多くのペットの薬を販売する通販サイトで取り扱われているのが、フィラリア予防の薬です。
ペットの治療薬を販売するなら外せない商品と言えるでしょう。
フィラリアは、蚊を媒介してかかる病気で、5月~11月まで感染を注意しなければいけません。

フィラリア予防の薬はたくさんの種類があります。
つまりそれだけのニーズがあるということです。
ペットがかかりやすい病気なのです。
フィラリア予防薬として特に日本で有名なのは、「カルドメック」、「ストロングハート」、「レボリューション」です。
ジェネリック医薬品もたくさん登場しています。
形状も様々で、錠剤タイプ、液状タイプ、飲みやすいチュアブルタイプなどがあります。
自分のペットに合う形状のものを選ぶようにしましょう。

フィラリア予防薬には、「カルドメック」と「ハートガードプラス」のように成分や効能などすべて同じで商品名だけが違っているものもあります。
日本で販売しているのが「カルドメック」、海外で販売しているのが「ハートガードプラス」、同じ会社の薬で同じものです。
また「ストロングハート」は、「カルドメック」という薬のジェネリック医薬品です。
ジェネリックは成分は同じで価格が安いため、ジェネリックの方がお得です。

<通販で人気のフィラリア予防薬>。

「カルドメック」(ハートガード)→成分はイベルメクチン、ピランテル、四角いチュアブルでビーフ味付き。

「ダイロハート」→成分はイベルメクチン、ピランテル、チュアブルタブレットのハート型、バニラの香りがする。

「ストロングハート」→成分はイベルメクチン、チュアブルタイプはチョコレート風味、錠剤タイプはビーフの香り。

「レボリューション」→成分はセラメクチン、肩甲骨の間へ液体を垂らすタイプ。

「アドボケート」→成分はイミダクロプリド、モキシデクチン、肩甲骨の間へ液体を垂らすタイプ。
ダニ以外の寄生虫をほぼすべて駆除できる薬。