マスクって、ニキビに良いの?悪いの?について

マスクって、ニキビに良いの?悪いの?
マスクは、花粉症対策やインフルエンザ対策で、どうしても必需品になるアイテムです。
また、看護師さんのように仕事柄、どうしてもマスクをしなくてはならない人もいますよね。
特にマスクで覆う口やあご辺りは、ニキビが出来やすい箇所です。
特に、大人ニキビは、このあご辺りに出来るのが常です。
あご周辺は、黄体ホルモンの影響を受けやすい部分で、生理前等にもこの周辺にニキビが出来たりしますし、ストレスを受けてもこの部分にニキビが出来やすくなります。
あまりにニキビが出来ていると、マスクで隠したくなる人もいるかもしれません。
でも、このマスク、ニキビにはどうなんでしょうか。

マスクがニキビに良いという考えもありますし、悪いという考えもあります。
まず、マスクがどうしてニキビに良いと考えるのでしょうか。
1つにはマスクがホコリや細菌から守る役目をするからです。
顔にはニキビの原因となるアクネ菌が存在しているのですが、毛穴にホコリ等の雑菌が入ると、アクネ菌が増えてニキビになってしまうのです。
その点でマスクはホコリや細菌から皮膚を保護してくれます。
また、ニキビに良くないとされている紫外線からも守ってくれます。
日焼け止め対策になるわけです。

そして、マスクには保湿効果があるとされていますが、それがニキビに良くないとされている肌の乾燥を防ぐので、ニキビを防ぐには良いという考えもあります。
ニキビは毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が増えてしまう事により出来やすくなりますが、肌が乾燥していると、肌を守ろうとしてより多く皮脂が分泌されてしまいます。
ですので、ニキビに肌の乾燥は禁物なのですが、保湿効果のあるマスクがそれを防いでくれるのです。

では、マスクがニキビには良くないという考えには、どういうものがあるのでしょうか。
まず、前述のマスクが保湿してくれるという事に関してですが、保湿というよりは、マスクをしている部分が蒸れて、雑菌が繁殖しやすいと考えるのです。
確かに自分の息や汗で、蒸れてしまいます。
また、マスクは肌に直接当たりますから、動いたりしゃべったりすると、マスクで肌をこすっている事にもなります。
そうすると、その刺激で、ニキビが悪化する、という事にもなります。

では、ニキビ肌にはマスクはどうしたら良いのでしょうか。
まず、自分のサイズにぴったり合ったものを選びます。
また、マスクの素材も大切です。
不織布を使ったマスクが多いですが、それを着けると違和感を感じるなら、ガーゼを使った綿のマスクが良いかもしれません。
ですが、綿の場合は蒸れやすいので、薄手のものを選びましょう。
小まめに外して蒸れないようにする事も大切です。
どちらにしても、必ず清潔なものを使いましょう。


思春期のニキビの上手な治し方とは?について

思春期のニキビの上手な治し方とは?
中学生、高校生になると、ニキビに悩まされる人は多くいますよね。
まれにいつもすべすべしたお肌の方もいますが、ニキビで悩んでいる人にとっては、羨ましい限りです。
でも、思春期にニキビが出来るのは、普通のことで、あまり悩まないようにしましょう。
ですが、自己流で治そうとするのは、絶対にダメです。
かえって悪化してしまい、最悪、ニキビ跡として残ってしまうのです。
こうなると中々もとのすべすべ肌には、戻りずらくなるので、自己流でニキビを治すのはやめにしましょう。

思春期にはどうしてニキビが出来やすいのでしょうか。
それは思春期にはホルモンのバランスが崩れ、男子も女子も男性ホルモンが増えるためと言われています。
男性ホルモンは皮脂の分泌を促すので、肌が脂っぽくなり、それが毛穴に詰まってしまいます。
そうすると、詰まってしまった毛穴にアクネ菌という菌が増えて行き、それがしまいにはニキビを作る原因となります。

ニキビは最初は毛穴が詰まるだけなので、ちょっとした白い盛上がりになります。
そこに炎症が起きると赤くなります。
よく見かける赤いニキビの状態です。
それが悪化すると先端に黄色い膿が見えるまでになってしまい、触ると痛みがあります。

ではどのように対処して行ったらいいのでしょうか。
まず、一番よくやってしまう間違いは、皮脂を取り除きたくて、過度に洗顔をしてしまうということです。
とにかく早く治したくて一日に何度も石鹸で洗うのは、皮膚に炎症を起こしてしまい、かえってニキビが悪化します。
洗顔は朝と夜の2回にしましょう。
刺激を与えないように、洗顔石鹸はよく泡立てることが肝心です。
こんもりと泡を作り、それでやさしく洗います。
そして大事なのがすすぎです。
石鹸分が肌に残っていることもニキビを悪化させますから、よくすすぎましょう。

洗顔をした後に何も塗らないでいるのは、肌が乾燥してしまうのでよくありません。
肌の乾燥はかえって皮脂の分泌を促してしまうので、洗顔後はしっとりタイプの化粧水を塗っておきましょう。

また、ニキビを潰して中の皮脂を取ろうとする人もいますが、それは絶対にだめです。
必ず毛穴に雑菌が入り化膿してしまいますし、それがニキビ跡になって残ってしまいます。

肌の炎症を抑えるには、ビタミンB群の摂取が良いとされています。
ですので、それらを多く含んだ食品を摂るように気を付けましょう。
例えば、納豆、卵、バナナ等に多く含まれています。

睡眠不足も皮脂の分泌を促してしまうと言われていますので、十分な睡眠を心がけましょう。


ニキビになりやすい食べ物って?について

ニキビになりやすい食べ物って?
ニキビに悩まされている人の大部分は、食生活にも原因があるかもしれません。
多分、日常的によく食べるものが共通しているはずです。
どのような食べ物がニキビを出来やすくしてしまうのでしょうか。

●脂っこいもの・・毎日必ず肉類を食べないと気が済まないという人っていますよね。
ランチを食べるにしても豚肉の生姜焼き定食やとんかつ、ハンバーグ等を食べたりしています。
ファストフードでハンバーガーを選んでも、ハンバーグがかなり多めの種類を頼んだりしているかもしれません。
そういう肉類の好きな人はニキビが出来やすいでしょう。
また、野菜を摂るにしても油で揚げる天ぷらやオリーブ油をたっぷり使うバーニャカウダ等、油分が沢山含まれているので、野菜だとしてもニキビの原因になる可能性があります。

●甘いもの・・毎日必ず甘いものを食べたくなる人も、ニキビが出来やすくなります。
糖分が肌に悪いのです。
チョコレートがニキビの原因と言われていましたが、チョコレートのカカオ自体が悪いのではなく、たっぷり入った糖分が、ニキビを誘引するのです。
ですから、板状のチョコレートをいっぺんにペロリと食べてしまうようなことは禁物です。
がまんして、せいぜい2かけくらいにしておきましょう。
もしどうしても甘いものが欲しい場合は、ケーキよりは和菓子の方がいいかもしれません。
和菓子にはケーキのように油分が含まれていませんし、カロリーも低めです。
あんこの原料の小豆は体にも良いので、和菓子がおすすめです。

●ダイエットをしている・・かなりのダイエットをしている方も、ニキビが出来やすくなるかもしれません。
殆ど栄養分が摂れていないと、ホルモンバランスが崩れますし、ストレスにもなります。
そうすると新陳代謝がうまく行われなくなるので、肌荒れの原因になってしまうのです。

●食事の時間が決まってない・・不規則な食事をしている人もニキビが出来やすくなります。
朝食を摂ったり、摂らなかったりとか、お昼はジャンクフードだったり、夜遅くにカロリー多めの夕食を摂ったり等、そんな食生活が毎日続いているなら、肌を荒らします。
出来るなら3食きちっと食べる事、夜遅くの夕食なら、軽いものにしておきましょう。
野菜、大豆製品(納豆、味噌汁、豆腐等)、魚を中心とした食事を摂るように気を付けていれば、ニキビ対策にもなりますよ。