インフルエンザB型の胃腸症状

毎年、寒い季節になるとインフルエンザの話題になりますね。
そのときにA型だとか、B型だとか、なにやらアルファベットの型の話を聞いたことはないでしょうか。
インフルエンザは、このようにウイルスの型によって分類されており、A型、B型、C型の3つの種類に分かれています。
この中でA型は、さらになんと144種類にも分かれているそうです。
今までにかかったインフルエンザがA型だとしたら、今後も違う種類のA型にかかることがあるのです。
B型やC型には、そのようなたくさんの種類はないので、一度かかるとその後はかかりにくくなります。

A型、B型、C型の中で、一番症状の軽いものはC型です。
高熱が出てもすぐに下がり、咳や鼻水も出ますが、普通の風邪と見分けがつかないくらいです。
A型は、急激に高熱が出て、頭痛や関節痛、筋肉痛や倦怠感、咳、鼻水などの風邪のような症状が出ます。B型も似たような症状なのですが、A型と違う点があります。
それは腹痛や下痢が発生しやすいという点です。

これは自分の経験からも、正しいと思います。
ある冬、B型のインフルエンザが地域で流行り、子供がかかりました。
それを私がもらってしまったときの事です。
言われている通り腹痛や下痢が起こりました。
かなり辛くて、トイレの手すりにつかまって耐えていないと大変だというくらいだったので、よく覚えています。
食欲もほとんどありませんでしたし、吐き気も少しありました。
このように胃腸症状がかなり顕著に現れました。

B型の症状として、発熱はA型と比べると比較的低めだと言われていますが、私も子供も40度近い高熱が出たので一概には言えないようです。
同じく、腹痛や下痢も、私は酷めでしたが、子供は胃腸症状はそんなに出ずに食欲不振程度だったので、絶対になるとは言いきれません。
しかし、同時期にB型にかかっていた知り合いにどんな症状だったか話を聞くと、腹痛や下痢が酷かったと言っていました。
やはり、胃腸症状が出やすいというのは正しいようです。

B型は胃腸症状がきつめで辛い印象ですが、一度かかっておくとその後はかかりにくくなるそうなので、私自身としては、なっておいてよかったかな、とも思っています。