メーカーで電動アシスト自転車を選ぶについて

メーカーで電動アシスト自転車を選ぶ
近年人気が高まっている電動アシスト自転車ですが、実際に購入するとなるとどれにしたらいいのかわからないということもあります。
まずは使用する目的によってどんなタイプの電動アシスト自転車が良いのか決めるということはできるとおもいますが、そのあと一体どれを購入したら正解なのかわからないということもありますよね。

さらに言うと電動アシスト自転車の人気が高まるにしたがってこれまで参入していなかったメーカーも参入してきたりしていて種類がどんどん増えて行っていますよね。
日本メーカーもあれば海外メーカーもあります。
メーカーはどんなところを選んだらよいのでしょうか。

おすすめは、ブリヂストン・パナソニック・ヤマハになります。この3つのメーカーは電動アシスト自転車に関しては以前から生産しているメーカーになりますから安心感がありますよね。
注意したいのはあまり耳にしたことのないようなメーカーのものになります。

電動アシスト自転車で重要となってくるのがアシストユニットやモーターになってきます。中でも価格を安く販売している場合、この部分を安く抑えるために中国製のものなどを使用している場合もあります。
そうなると乗り心地が違ってきたりしますから安いから仕方ないのかなということにもなりかねません。
中にはよいものもあるとは思いますが、購入を検討する際には、しっかりチェックして安心して乗ることができるものなのか確認しましょう。

また海外メーカーの物に関しても事前に確認しておく必要があります。というのも海外メーカーの場合、故障などがあった場合に修理に対応してもらうことができるのかといった問題があります。
さらに修理にかかる費用が大きくなってしまう可能性もあります。
電動アシスト自転車は決して安い買い物ではありませんから、購入後も安心して乗ることができるものであることも大切です。
このあたりのチェックも必要でしょう。

中でも注意したいのが、子乗せタイプです。先に紹介した日本メーカーの物と比較すると子供を乗せるチャイルドシートの分部のクッション性が低かったりすることもあります。
チャイルドシートは子供を乗せるというだけでなく子供を守るためにも重要な役割を果たしますからあまりクッション性が低かったりすると万が一の際に怪我につながる可能性もあります。こういったことも考えて選択する必要があるでしょう。

どれが良いのか迷ってしまうということならブリヂストン・パナソニック・ヤマハの3つのメーカーをまずは検討してみるとよいでしょう。


タイトルとURLをコピーしました