自転車を楽しみたいならスポーツタイプの電動アシスト自転車について

自転車を楽しみたいならスポーツタイプの電動アシスト自転車
電動アシスト自転車は、年々高まってきています。電動アシスト自転車というとシティサイクルタイプ・子乗せタイプ・スポーツタイプ・小径タイプと種類がありますが、以前は、スポーツタイプといってもシティサイクルタイプとあまり変わらないアシストユニットのモデルのものが多くなっていました。
それが近年専用のアシストユニットを搭載したeーBikeと呼ばれるものが続々と登場してきてその人気も高まってきています。

これまでと何が違うのは、アシストの比率に関してはこれまでと同じように人の力の2倍までとなっていますが、大きく違ってくるのが自然なアシストでしょう。
走っている途中でのアシストの違和感が少なくなりよりスムーズにアシストするようになってきましたから、自転車を楽しむのにもぴったりです。

普段使いとして、休日には思いっきり楽しむようにという場合には、パナソニックのXM1がおすすめです。

XM1はマウンテンパイクタイプのe-Bikeとして2017年に国産初で登場しました。
その特徴となっているのが、雨の日にも性能の落ちることがほとんどないディスクブレーキです。またオフロードでの走りも楽しむことができるように前輪に衝撃吸収に強いサスペンションを搭載しているのも特徴です。
日常の通勤や通学で街乗りするのも、思いっきり遊びたい時には、ツーリングでも長い距離を走っていても疲れにくい設計が助けてくれます。

ツーリングだけでなく山道を楽しみたい時にもピッタリです。舗装していない山道も滑ることなく登っていけるアシストが楽しさを倍増させてくれるでしょう。

スペックは、タイヤサイズ 27.5×2.2インチ、バッテリー容量8Ah(36V)、アシスト最大距離 78km、シフト段数 外装10段ギア、充電時間 約3時間、重量 22.1kgとなっています。

XMは1の後に後継機としてXM2も発売されています。こちらはさらにオフロード向きとなっておりより本格的に楽しむことができます。
ただし、そこまで本格的でなくても楽しむことができれば十分ということならXM1の方が価格も安くなっているのでいいでしょう。

スポーツタイプとはいっても電動アシスト自転車、せっかくのかっこいいデザインが損なわれていないか心配するかもしれませんが、XM1は大丈夫、バッテリーがフレームと一体化していることで電動自転車といったイメージはなくスポーツバイクのカッコよさを十分に保っています。
性能はもちろんですが、デザインでも街乗りにもそのカッコよさを損なわずにたのしむことができるでしょう。


タイトルとURLをコピーしました