ヤマハのPAS Kiss mini unについて

ヤマハのPAS Kiss mini un
子乗せタイプの電動アシスト自転車でおすすめの1つがヤマハのPAS Kiss mini unです。
こちらの電動アシスト自転車は安定感があることと子供を乗せたり降ろしたりが行いやすいということで人気があります。

PAS kiss mini unのスペックは、タイヤサイズ20インチ、バッテリー容量 12.3Ah、アシスト最大距離62km、シフト段数 内装3段ギア、充電時間 約3.5時間、重量30.4kgとなっており標準装備のチャイルドシートはフロントになりますが幼児2人同乗OKとなっています。
タイヤサイズは20インチと小さいサイズのタイヤになりますから重心が低くなり安定感があります。
また、自転車を駐輪する際には、スタンドをかけることでハンドルの固定も行えるロック機構になっているので止める時にも自転車がふらふらしてしまうことがなく安心でしょう。

人気の要素の1つとなっているコクーンルームはチャイルドシートですが、形が特徴的なものになっており、子供を足元からしっかり包み込むような形になっています。この形によって子供を衝撃や風邪などから守ることができるので乗っている子供にも快適な自転車ですね。
子供2人乗せることができるタイプですが2人目については、オプションのリアチャイルドシートを取り付けることになります。
PAS kiss mini unは、同じくヤマハのシティサイクルタイプとして販売されているPAS With DXと同じようにスマートパワーアシストが搭載されているので子供を二人乗せても上り坂でも楽に登ることができます。
坂道などはスピードが落ちてしまったりするとどうしてもフラフラしてしまいがちですから子供を乗せて走るのは大変ですよね。
これならそういったことなく楽に安定した走行を行うことができるでしょう。

また、こちらの自転車は親が使いやすい自転車になっています。安定感があり楽に走ることができるのもそうですが、それだけでなくアシストの電源を子供がオフにしてしまうことがないような機能なども搭載されています。
ちょっとした親の目線で見た便利さが搭載されていますからとっても使い勝手のよい自転車になっていますし子供を安心して乗せることができるという点でも人気の高い電動アシスト自転車です。


タイトルとURLをコピーしました