これからの工務店と選び方について

これからの工務店と選び方
これまでは近くの工務店にリフォームや注文住宅を依頼していたかもしれませんが、これからは少し考え方を変えてみましょう。
これまでの工務店の選び方が間違っていたのかもしれません。
インターネットの普及によって工務店の選び方は変わりました。
まずはインターネットで比較することから始めるでしょう。
もちろん、日本中の工務店を比較しても意味がありません。
工務店の場所が自宅から近いところでなければ対応は難しくなります。
ただ、インターネットの情報だけで工務店を選ぶことはリスクが高いと考えておくことが重要です。
家は高額な買い物ですから、じっくりと検討すべきですが、工務店の担当者と話し合うことがポイントでしょう。
工務店の担当者はいろいろな家を作ってきて、多くの経験を持っています。
それが技術と言えるかもしれません。
その経験を活かして注文主の希望に応えようとすることでしょう。
いろいろな案を提示して、それぞれの想定価格を教えてもらえば、その中から自分たちに合った間取りや工法を選択することができます。
ただ、すべての工務店が積極的になってくれるわけではありません。
自分達が提案して、それがうまくいかなければ責任を負うことになりますから、それを避けるために提案をしないのです。
工務店としての経験を活かそうと考えるのではなく、注文主の希望を確実に実現することだけを考えています。
必要最小限の努力で終わらせようとするのでしょう。
注文主である私たちは建築に関して素人ですから、どのような工法がいいのかわかるはずもありません。
提示したやり方よりももっと優れた工法がありますよと、積極的に提案してくれる工務店でなければ、いい家は完成しないでしょう。
高価な素材を使えば、見た目や完成度田はかくなるかもしれませんが、それはカタログから切り取ってきた家に過ぎません。
あなたたち家族がくつろげるかどうかは別問題です。
展示場には素晴らしい家が準備されているかもしれませんが、そこに住むことをイメージしてみてください。
プライベートな空間とお客様を招く空間の違いに対する気配りなどを工務店に求めたいものです。
工務店の選び方とは私たちが求めることに的確に応えてくれる工務店を選ぶことでしょう。