最近の釣り糸について

最近の釣り糸
釣り糸は昔と今ではどのような違いがあるのでしょうか。
もちろん、製造技術の進歩によってどんどん改良されているはずです。
どのような釣り糸が魚を引き寄せてくれるのかを知らなければなりません。
光の屈折率が低いほど、魚にとっては見えにくくなります。
種類はたくさんありますが、最近の主流はPEラインと呼ばれる材質です。
ポリエステルラインのことですが、比重も屈折率も低いのです。
複数の糸をより合わせて製品化されていますから、強度と柔らかさを兼ね備えた理想の釣り糸と言えるでしょう。
もちろん、それだけが使用されているわけではありません。
ナイロンラインも初心者向けには必ず使用されています。
釣りが上達するにしたがって、自分で釣り糸の種類の違いを見極めて、適したラインを選ぶことができるようになります。
釣り糸だけで魚が釣れるようになるわけではありませんが、一つの大きな要素であることは間違いないでしょう。
大物を釣る場合と獲物を特定せずに釣りをする場合では釣り糸の選び方が変わってきます。
初心者でも釣り糸の種類は予備知識として知っておくべきです。
もちろん、どのような場合にどのラインを使用するかを判断することは難しいかもしれません。
しかし、経験することによって多くのことを学ぶことができます。
それが釣りの楽しみとなるのです。
毎週のように釣りに出かけて、奥さんからあきれられている人もいるでしょう。
それでもやはり楽しいのです。
毎回同じ釣りではないのです。