フロロカーボン釣り糸について

フロロカーボン釣り糸
フロロカーボンラインとは釣り糸の種類の一つです。
ナイロンラインに比べると硬くて強いのですが、そのためにトラブルも多くなります。
そのため、フロロカーボンラインをメインにしている人はほとんどありません。
リーダー用として使用されることがほとんどです。
ただ、釣り糸の種類の違いを知っておくことは重要です。
材質が違うことで硬さやしなやかさが違ってきます。
PEラインを使用している人も少なくありませんが、それぞれの違いを理解した上で利用しているのです。
初心者の中にはそれを全く知らずに何となく釣り糸を選んでいる人もいます。
それは釣りの楽しみの半分を逃しているのかもしれません。
仕掛けや道具を変えることによって釣りの成績が変わるのですから、釣り糸の選び方も重要なのです。
自分が思った通りに釣りができるなら、それほど面白いことはないでしょう。
そのためには釣り糸の種類をしっかりと頭に入れて、使い方の違いを体で覚えるようにしてください。
釣りは理屈ではありません。
毎日同じところで釣りをしたとしても、魚の状況は日々変わります。
釣り糸の種類も状況に合わせて変えていかなければならないのです。
初心者にこのような話をしても、簡単には理解できません。
それがわかるようになったら、自分も初心者を卒業したと思っていいのかもしれません。
そして、釣りの楽しみ方がわかってきたと言うことでしょう。
毎週釣りをしても飽きないのは、同じ釣りをしているわけではないからです。


In category: 未分類