釣り糸の価格について

釣り糸の価格
釣り糸の種類はいろいろありますが、材質の違いと価格の違いが強調されているようです。
もちろん、実際に触ってみると種類の違いを感じることができます。
ただ、それを自分の釣りに活かせるかどうかは選び方だけではなく、どのような釣りを目指しているかにも関係しています。
釣り糸はナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインが一般的に販売されています。
メインとして使用されるラインはナイロンとPEです。
ナイロンは低価格、PEは高価格ですが、実際に通販サイトで販売されている価格を紹介しましょう。
1リールは300メートルで販売されていることが多いのですが、300メートルでPEラインなら千円台から2千円台です。
この価格を高いと考えるかどうかは釣りにかけるお金が全体でどのくらいなのかを考えればいいでしょう。
釣り場までの移動手段や昼食、船に乗る場合の船賃などを考慮しなければなりません。
そう考えると釣り糸の価格の差は無視できるのではないでしょうか。
それよりもPEラインを購入する時の注意として、種類が多くてどれがいいのかわかりにくくなっていることです。
ただ、これは釣り糸に限りません。
例えば、テニスやバドミントンのガットも同じです。
自分のレベルに合わせて最適なものを選ぶことが重要ですが、どれがいいのかは実際に使ってみなければわかりません。
PEラインは複数の糸をより合わせて作られています。
4本より、8本よりが一般的です。
より合わせることで強さとしなやかさを兼ね備えたラインとなるのです。