魚と釣り糸について

魚と釣り糸
チヌ(クロダイ)を釣るためには釣り糸を始めとして、いろいろな仕掛けを準備しなければなりません。
ただ、釣り糸はチヌに限らず、狙っている魚に合わせて種類を選ぶことが重要です。
そのためにいくつかの種類があるのです。
技術の進歩によってナイロンラインからフロロカーボンライン、PEラインが製造されるようになってきたのですが、現代でもナイロンラインはしっかりと利用されています。
使用する人がいなくなることはないのです。
魚はどれも同じだと思っている人には釣りの楽しみは到底理解できないでしょう。
海の深いところにいる魚と水面近くにいる魚では餌に対する動きは全く違います。
獲物の重量によってラインの号数を変えることは当然なのですが、それだけは不十分でしょう。
また、釣り場に到着して、何度か釣り糸を垂れることでその日に使うべき釣り糸を変えなければなりません。
釣り入門の書籍やサイトを参考にして、どのようなラインを準備すればいいかを確認しておきましょう。
釣りは経験することによっていろいろなことを習得することができます。
サイトを読んだ時は頭が理解していますが、釣り場で釣り糸を垂れることで体が理解するのです。
これが釣りの楽しみ方と言えるでしょう。
毎日同じラインだけで釣りができるわけではありません。
海や魚という自然を相手にしているのですから、当然と言えるでしょう。
釣り堀で糸を垂れるよりも、やはり実際の海や川に出かけてみたいものです。
休みになったらぜひ行ってみましょう。