釣り糸の特徴について

釣り糸の特徴
釣りをしない人には釣り糸の違いがわからなかいかもしれませんが、その特徴には違いがあります。
まず、大きく分けると3種類の釣り糸があります。
ナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインの3種類です。
それぞれについて説明しましょう。
ナイロンラインは釣り糸の中では一番ポピュラーで安価です。
柔らかく、しなやかで糸のくせがつきにいのが特徴です。
釣り糸は水の中に入れた時にどうなるかが重要です。
比重が1.14で真水に近いですから、水の中で目立たないラインです。
フロロカーボンラインは通称フロロです。
ナイロンよりも少し値段が高くなっていますが、少し硬くてハリがあります。
糸グセが付きやすい性質です。
硬くて折れ目が付きやすいですから、使う状況を考えなければなりません。
硬い釣り糸はもつれることが多いですから、すぐにトラブルになってしまいます。
注意しておかなければなりません。
また、比重は1.78ですから、水に沈みます。
深いところに生息している魚を狙う時には、フロロカーボンを使うことになります。
光の屈折率の違いは糸が見えやすいかどうかの違いになります。
できるだけ目立たない方が魚に気づかれにくいのです。
最後の種類のPEラインとはポリエチレンラインのことです。
最も高価ですし、強度も一番強くなっています。
大きな魚を狙う時に使用するラインと考えればいいでしょう。
編み込み糸なので柔らかくしなやかで強度もあります。
熟練した釣り人はPEラインを使う人が多いのです。


In category: 未分類