ニキビ跡を治すにはどうしたらいい?について

ニキビ跡を治すにはどうしたらいい?
ニキビがようやく治ったのに、そのニキビ跡に悩まされている人は少なくないかもしれませんね。
ニキビが悪化する前に適切な処置をして治した場合は、跡が残るということはまずありません。
ですが、ニキビが化膿して、それを自分で潰して治そうとしたり、自己流の間違った処置をした場合は、跡が残ってしまいます。
ニキビ跡にも種類があります。
赤みのある跡、茶色いシミのような跡、そして肌が凸凹している、月面のような跡です。

赤みのある跡・・ニキビ自体は治っているのですが、ニキビによって皮膚が炎症を起こしているので、肌が赤くなってしまうのです。
ですが、これは炎症が収まれば自然に治って行くものなので、当面はちょっと嫌ですが、あまり心配することはありません。
こういった肌にはビタミンCやトラネキサム酸配合のクリームや化粧水をたっぷり塗ることによって、徐々に赤みは消えて行くでしょう。
ビタミンCのサプリを飲むのも効果的です。

茶色いシミのような跡・・ニキビが治っても、ニキビの影響で肌に色素沈着が起こり、シミになってしまうのです。
肌はターンオーバーがうまく出来ていれば、シミになることはないのですが、ニキビによってターンオーバーがうまく行かなくなってしまうため、茶色いシミのニキビ跡として残ってしまいます。
この茶色いニキビ跡も赤みのあるニキビ跡と同じに、ビタミンCやトラネキサム酸配合のクリームや化粧水で、治して行くことができます。
そうすると、肌も段々正常なターンオーバーができるようになり、茶色いニキビ跡も少しづつ薄くなって行くでしょう。

凸凹している跡・・この肌が凸凹してしまっているニキビ跡は、とてもやっかいです。
簡単には治りません。
赤みのあるニキビ跡のように、自分だけで治すのはまず無理だと言えます。
この凸凹になった跡というのは、肌の表面だけでなく、その奥の皮膚の真皮までダメージを受けているからなのです。
ですから、肌のターンオーバーを正常にすれば良いというわけではありません。
真皮は一度ダメージを受けて破壊されてしまうと、もう元通りにはならないからなのです。
ですが、プラセンタ、コラーゲン等の成分が配合されたクリーム等を塗ることにより、少しは目立たなくなります。
とは言え、満足行く程度まで治すには皮膚科や美容外科に行くしかないでしょう。


In category: 未分類